クラウディレイン 無駄にスペースを使う回その2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無駄にスペースを使う回その2

「その2」という書き出しに「え?その1って…?」

と思った人がほとんどでしょう

いつもの俺と違って、これは「その1」もしっかり書いています

書いているんです

書いているんですが…







いつ書いたのか本人が覚えてません







まぁそんなわけで、どーもアルゼですm(_ _)m

ずっとめんどくさくて放置してたんだけど

ホントに書きはじめよう…








あのね、以前話したように、うちの大学はレベルも低いのに高齢化が進んでます








そんな学校なのだが、さらに留学生も多い








まぁそうは言っても所詮アジア系が9割なんだけど








そのアジア系の留学生のうちの一人、中国からの留学生が今回のターゲットです








自分でもビックリするんだけど、これはもう1年以上前の話になる








俺は、当時まだ大学の1年で必修科目である「数量的処理」という講義を








嫌々ながら受けていた








その数量的処理の先生はビックリするくらい耐震○装の元ヒュー○ーの小○社長








その人にそっくりな人物だ








そっくりというか、瓜二つのような…








そんな彼は、毎時間毎時間必ず、








90分の講義の20~30分をかけて








一人一人名前を呼んで前週の小テストの答案を返していた








一生懸命語るんだけど、わかる人にすらわからない講義をする人で








正直下手でイライラするので、そういう無駄な時間はありがたかった








そんな合間に楽しく雑談する俺ら








すると、








小○(オマルって読むなよ)先生は急に一拍の間を空けた








そして








ワンくん!








と呼び出した








俺らも、あぁ、あの留学生のことか とすぐに理解する








だがしかし、その留学生は反応を示さない








繰り返すオマル先生(もういいや)








ワンくん!








ワンくん!!








次第に必死にそう呼ぶのだが








一向に反応の無い中国人留学生








もうとりあえずいないってことにして次の人呼べばいいのに








ワ、ワンくん!!








ワンくん!?!?








しだいににぎやかな教室中にさらに笑い声も混じりだす








すると、日本人の名前とは違う名前に多少なりとも違和感を感じ








もしかして?と思ったのか中国人留学生がキョロキョロしだした








その次の瞬間オマル先生はこう呼び始めたのだ








6番!!








6番!!!








6番というのは中国人留学生の学籍番号の下一桁である








番号を呼ばれビクッっとする中国人留学生








すると、とても素早い動作で後を向き、焦った顔で








後の人にこう聞いた








ワ、ワラシノコトレスカぁ?
(わ、私のことですか?)








その表情と言葉を聴いた瞬間から爆笑する俺、








その爆笑する俺の真似を見て爆笑する友人T








それからというもの、








二人を見るたびにそれが鮮明に思い出されるようになったm(_ _)m








ホントさ、

私は中国人の名前の呼び方を知ってますよ的な雰囲気で

「ワンくん」なんて呼んじゃってさ(笑)

実際違うんじゃん(笑)

いやぁホント恥ずかしいオマル先生だったよ

だいたい、名前呼んで反応ないからっていきなり一人だけ

6番!!て…

逮捕された犯罪者みたいな呼び方はやめようよ(笑)

このめくるめく笑いのモノマネを

実際の知り合いにしか披露することができないのが非常に残念だ

自分で言うのもなんだけどそっくりなんだよ(笑)

だからさ、

俺も今度誰かにしつこく名前を呼ばれたら

「ワ、ワラシノコトレスカぁ」

って言おうと思うよ(笑)

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Desgin by Pixel
Copyright © クラウディレイン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。