クラウディレイン 今日は…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は…
嬉しさで胸いっぱい

どうも、アルゼですm(_ _)m


悲壮な想いで今日のサバイバルには人知れず望んだのですw

そんな開始直後、ポイント判定で負け

2試合目、ポイント判定で負け

通算18連敗です。

だけど、相手は昨日同様格上です。

それでもどっちも1ラウンドはこっちが勝ってるんです。

しかも、普段滅多に勝つことの無いルールで!

「ボムの攻めで勝てる日にこのままで終わるわけがない!」

俺はそう言ったんです。

実際次からでしたw

やっと、やっと…!

新クラン初勝利!!

さんざんに負けてはいるものの、その時の喜びは一入でした(涙)

そして2試合目!なんとまたも勝利!連勝です(涙)

3試合目は惜しくも1:1の引き分け、5ポイント差で敗戦w

それでも相手は格上ですから、たった5ポイント差だったことに満足してます。

しかしその後!

なんと終了直前までに4連勝!

時間的にも後1戦で終了。

絶対5連勝行ってやろうぜ!!

その意気は相当なものでした。

相手に恵まれることなくお互いが4連勝同士の、5連勝に大手のかかった試合となりました。

相手はもちろん4連勝する程の格上チーム。それでも負けたつもりなんかありません!

みんなでやってやろうぜ!!と試合に臨みました。

しかし、1ラウンド目に相手のハンドガンの腕が良く次から次に眠らされたのが痛かった…

ポイントを少しでも稼ぐためにも、警戒しながら一人で4人片っ端から起こしましたw

結果1ラウンド目は勝利!

2ラウンド目、こっちが1人も撃破されず、2スタンとれれば勝ちという計算をしていました。

しかし開始直後にグレネードをくらい姿を露呈する味方チーム…

開始直後に3人立て続けに死亡(涙)

俺の位置も悪く完全に4人に囲まれ、それでも必死にCQCをしかけ

投げ倒し2スタンはとりました!w

結果全滅し、1:1の引き分け、惜しくも10ポイント差での敗北となりましたが、

良くやったと素直に思いますw

俺たちは、相手が格上でも勝てるんです。逃げなければ勝てるんです!

そもそも、今日初勝利の試合も、いつもは及び腰になりがちなルールで、

みんなが命を惜しまなかったことが何よりの勝因だと思います。


ウチのチームには名指しでは言えない「まごまご」する人が居ます。

その人のその「まごまご」した行動によって、後から合流した味方がホントは誰も居ない

トラップも仕掛けられていない前方障害物・通路に、何かあるのだと、勘違いし

一緒になって隠れたりまごまごしたり

結果敵に攻め入られ好き放題蹂躙されるパターンに陥ることがあります。

俺は作戦を説明するときに確かに言いました。

「孤立は避けよう。レベル14が一人でも17には勝てないかもしれない。だけど、レベル14が2人居れば片方は生き残り相手を撃破できるかもしれない。そうなればイーブン。もしかしたら二人のどちらかの弾が当たって二人とも生き残れるかもしれない。そうなれば完全にこちらの勝ち。数で勝ることを卑怯だと思うな。それがチームプレイ」

「復活するときは味方が近くに居そうな拠点で復活すること。場合によって(味方がちょうど消えている瞬間)は味方の復活を待っても良い。とにかく軽はずみに孤立することだけは避けよう」

そう言いました。

だけど、復活後に「まごまごしろ」とは一言も言ってません

まして、自陣範囲内でまごまごしないでもらいたい…

とは思うものの、上手く伝えられなかった俺の責任なのだろうと思う。

なので、厳しい注意や名指しによる注意は一切しません。

それを名指しで責めたところで雰囲気が悪くなるだけです。

その人も俺も、楽しくなくなるだけです。

どう言えば自然に理解されるのか、どう言えばスムースに流れるか、それを考えるのが何より重要だと思ってます。


まだまだ課題はあるけど、

作戦を理解し、間違いの無いように各々が行動できるようになれば、もっともっと勝てるはずです。

もちろん、勝つことを望まないメンバーなら、それは望みません。

その代わり目いっぱい楽しませてもらいますからw

だけど、ホントはもう寝なくてはいけない時間を1時間半オーバーしてまで

「勝ちたい」「せめて一勝はしたい」そう言って普段ならとっくに居ない時間まで残ってくれる

チームのために自分のプレイスタイルを多少崩し、戦績に-をつけまくっても愚痴一つ・文句一つ言わない

ウチにおいておくにはもったいない程優秀なスナイパーが居るんです。

最近特に一緒に盛り上げてくれるようになった援護兵も居るんです。

みんな勝ちたいんです。

勝てるんです!

このメンバーで、選りすぐりでもなんでもない

ただ、この俺の声に集まってくれたメンバーで、このチームで

俺たちは強い!心からそう言える日を目指して、これからも戦っていこうと思います。


某ゲームで「○○(俺)の作戦なら勝てる気がする!」「負ける気がしない!」

そう言ってくれた人たちが居ました。

「これで負けたら自分のミスだと思ってくれて良い」とまで言ってくれる人も居ました。

俺には、力になってくれるチーム員のために

そこまでの信頼をしてもらえるような、もっとまともな作戦を立てなくてはいけません。

人の上に立ち指示をするからには、偉そうな命令を出す人間が迷っていてはいけないんです。

たとえ間違っていたとしても、説得力のある指示を出さなくてはいけません。

間違っていたとしても、指示を出す人間は区切りの着くまで「これで正しいんだ」という意志を貫かなければなりません。

「仲間の話を良く聞く」といえば聞こえは良いけど、人の意見ばかりを頼りにして、

自分の意見をほとんど優先できない、

話の二転三転する指導者、作戦のころころ変わる作戦参謀、そんな人物の命令・指示なら

俺なら絶対に聞きませんから。

悪いのは、指示を聞かない兵ではなく、指示を聞かせることのできない、信服(心服)させることのできない指揮官だと思うんです。


さて、次も頑張ろうぜ!みんな!(ここは誰にも教えてないけどww)

スポンサーサイト
Desgin by Pixel
Copyright © クラウディレイン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。