クラウディレイン ★デスノート★
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★デスノート★
今日は昨日書いたように映画「デスノート」を見に行ってきましたъ(`ー゜)





結局学校は自主休講しました。



ということで、映画館が開くと同時に入館…


俺お金なんかないからもちろん彼女のおごりヽ(´ー`)ノ


映画の内容をちょっと書いちゃうかもしれないので、続きは↓
(↓あんまり見なくてもいいかもw)

デスノート前編の続きである「デスノート THE LAST NAME」

映画を見た感想は、素直におもしろかった♪

前編を見てすごく気になっていたので俺はめちゃ楽しめた。



………………
………………
………………

デスノートに触れた者は死神を見ることができる

デスノートに名前を書かれた者は必ず死亡する

顔と名前が正確に頭に入っていないとその者を殺せない

ゆえに同姓同名の者は死なない

死因を書かなければすべて心臓麻痺となる

死神に自分の寿命の半分を捧げることで、死神の目を得ることができる

死神の目は相手の顔を見るだけで相手の本名、寿命を見ることが出来る。

デスノートの所有者がデスノートを破棄した場合、所有者だった者のデスノートに関する一切の記憶が消されてしまう

………………
………………
………………


というのが、デスノートの決まりごとである。
(他にもいくつかあったけど残りは忘れたw)

前編の終わりで彼女を殺した夜神月はそのことによって捜査本部への出入りを許可された。

自分が「KIRA」であるにもかかわらず、

「KIRAは僕が処刑台に送る」という発言が目立つ。

一方、その「KIRA」を本気で見つけ出す気でいる通称「L」は、

引きこもり的な感じの役柄で、夜神月が「KIRA」であると、かなりの確立で疑っていた。

二人でのやり取りしか行われていなかったが、

後編はある女性の加入から物語はスタートする。


………………
………………
………………

あ~ホントはここに映画の内容を一気に書いてしまいたいくらいなんだけど、そうすると意味がないのでやっぱりあまり本編については書かないことにしようかなw

ただ、結末としては

某テレビのインタビューで藤原達也と松山ケンイチが語ったとおり、

マンガとは違った形で完結しているということだけは書いておきましょうか( ̄~ ̄)

物語のカギになるのは、後編で加入された女性と、死神のリュークといったとこでしょうか…

後編で出てくる死神は、多少良心を持っているようで、そこが若干共感できなかったが、

そんなことをいうと物語が成立しなくなるので無理やり納得。

後編で、俺が一番好きだと思ったセリフベスト3は…

1位「せめて名前くらい知りたかったよ、バァカ」

2位「法律は確かに完全ではない。完全でない人間が作った法律が完全であるはずがない。だが、それは一生懸命世の中を良くしようと頑張った、人間の努力の結晶なんだ」

3位「わずかな間かもしれないが、せめてその間だけでも幸せになってくれ」


あまり内容がわからないように書いたつもりですm(_ _)m

テレビの予告編などで、

夜神月が、

「勝った」

と言っているが、実際はどうだったのか…

最後に名前を書かれたのは誰なのか…

最後に名前を書いたのは誰なのか…

ちなみに、最後に一言付け加えると、

「L」の最後がちょっとかっこよかった、かな?

ってことで、ホントはもっといろいろ書きたいんだけど

長駄文のままで更新してしまいます( -.-)y-~~~

皆さんもぜひ映画館にデスノート後編、見に行ってみて!

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

いいですねえ、映画^-^
σ(・_・)もデスノート見たいなぁ><

また見に行きますb
葉月 | URL | 2006/11/09/Thu 19:00 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Desgin by Pixel
Copyright © クラウディレイン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。