クラウディレイン 2006年12月27日
FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失って初めて気づく。

スゲエ好きだああああ!


と燃え上がっていた感覚が、

フとしたきっかけでズドーンと冷めて、

何でこんな人が好きだったんだろう、

と我に返ってしまった感覚ってどうしてあんなに切なくて虚しいんだろうか。

百年の恋も冷める感覚。

出来れば味わいたくない。

でも、俺は既に初恋の相手がそうだった(笑)

告白した訳でもない、付き合った訳でもない。

でも、

それがきっかけで

思春期の一番大事な時期に恋愛を見失いかけていた時期があったのは確かだ。

それから、

高校の時に女の子に告白されて付き合った。

付き合った理由が「断る理由が無いから」だった。

今考えればえらくいい加減な理由だ。

告白された相手だったから、

自分に惚れてきた相手だったから、

そんなこと考えたつもりもなかったけど、

心のどこかにあったんだろう。

何時も何処かで相手を見下していたのかもしれない。

そんなことが出来るほど、全然大した男じゃないのに。

たくさん傷つけた。

酷いことをした。

でも彼女は、いつでも俺に健気に着いて来てくれた。


2年半近く続いた恋だったけど、気が付けば彼女は疲れきっていた。

気が付けば俺は彼女に依存して、好きで好きで仕方なくなっていた。

でも気付くのが遅かった。

自分の馬鹿さ加減に気が付いた時は、とっくに時間切れだった。


「あんなに好きだったのにね」


雨が降りしきる深夜、

お互いぼろぼろと携帯越しに涙を流しながら電話したのが忘れられない。


物凄く泣いて、

物凄く苦しんで、

失恋から立ち直るまで随分と引きずったはずなのに、

結局今、俺はまた同じこと繰り返して苦しんでいます…(苦笑)

その彼女のことが今でも心のどこかで忘れられなくて、

今の彼女を愛せない。



馬鹿だね。

そんなに大切だったのに。

なんで失ってからじゃないと気付けないんだろうね。

俺はきっと、心の底から彼女のことを愛していた。


また何時か、あんな恋が出来るかなぁ…

そしたら今度こそ、間違えずに相手を幸せにしてあげられるかなぁ…。



横になりながら、そんなことを考えていた。

外見なんかじゃなく、

心の底からカッコイイ人間になれたらなぁと思う。

なんだかんだで

辛い夜だ。

スポンサーサイト
Desgin by Pixel
Copyright © クラウディレイン. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。